6年制の導入による薬学部の研究への影響

薬学部,研究

薬剤師免許を取得する資格を得るためには6年制の薬学部にを卒業する必要があり、4年制の薬学部と別枠になりました。これによって薬剤師の質と地位を向上させることが目的となっており、臨床現場においては戦力となる薬剤師が多く採用できるという観点からプラスにはたらいていくでしょう。しかし、薬科大学には薬剤師教育の他に薬学研究を行うという仕事もあり、こちらについては多かれ少なかれ打撃を受けざるを得なかったというのが現状です。4年制の枠が主力の学生ということになりますが、ほとんどの薬科大学では薬剤師教育にを優先する方針を打ち立てたため、そもそも入学の時点で4年制の枠が少なく、研究を実際に遂行する学生がほとんどいなくなってしまったのです。もちろん6年制の学生も行うのですが、病院や薬局で実習を行っている都合であまり仕事に携わることができません。4年制の学生からすれば一人当たりの教員数が増えるのでより細かい指導を受けることができるというメリットがあり、少数精鋭の優秀な人材が輩出される可能性もありますが、学術研究を遂行するという面からは後れをとる結果となってしまっています。今後の体制の改善が望まれています。 376

薬学部で行う主な研究の内容

薬学部,研究

薬学部に興味があるけれども、そこでは一体どのような内容の研究を行っているのだろうかと疑問に思う方は多くいらっしゃるでしょう。一言に薬学部といいましても、単に薬を扱った実験をしているばかりではございません。様々な種類の分野が存在するのです。1つ目としましては、基礎化学の分野がございます。この分野においては、細胞の基本的な機能でしたり、人体の基本的な構造などに焦点を当てて実験が行われます。2つ目としましては、薬理学の分野がございます。この分野は薬物が人体にたいしてどのような方法で作用しているのかということを明らかにする学問です。3つ目としましては、薬物動態学が挙げられます。この分野は非常に薬学部に特異的な分野です。この学問では、体内に投与された薬物が、人間の生体内でどのように代謝されて、どのように排泄されるのかといったことについて学びます。最後に4つ目としましては、製剤学が挙げられます。この学問では薬物をどのような形にすると効率の良い治療を行うことができるのかについて学びます。このように、一言に薬学部の研究と言いましても、様々な分野がありますので、各々の興味のある分野を選ぶことが可能なのです。 377

6年制の導入による薬学部の影響新着記事

2014/11/09 15:25:09 |
大手製薬会社や化粧品メーカーは人気が高い就職先で、実際に就職を目指すとなると門は狭いと言えます。レベルの高い大学を卒業する事は有利に働きますが、就職に必要な要素としては一部分に過ぎないと言えるのです。実際に大学で研究に携わり経験を積む事が必要ですから、将来的に化粧品開発に繋がる教授の下で研究を行う事はプラスに働きます。薬学部を卒業する事は大切ですが、実際に研究開発に関わる実力を備える事が何よりも重要なのです。大学院を選択して卒業する事は必須と言えるので、就職に必要な先を見据えた情報収集と行動が必...
2014/11/08 14:27:08 |
薬学部は現在6年制課程が基本となっていますが、その6年間で一体どのようなことを学ぶのかということが気になる方は多いでしょう。一般的な薬学部の例を参考にしますと、まず初めの1年間は、他の学部と同じように一般教養を学び、その後の2年間は薬学部の専門知識を座学および実験にて学ぶことが多いようです。さらに4年目には、翌年の薬局実習や病院実習に備えるための事前実習が行われ、5年目には薬局実習および病院実習を各3カ月間ほど行います。そして、これらのカリキュラムと同時に、ほとんどの大学では学部4年生から研究室...
2014/11/07 19:57:07 |
医療系の学部は基本的にはみな同じなのですが、大学において教育を受ける期間というのは基本的に国家試験を受験する資格を得るために必要な知識と経験を積むための期間としてみなされています。そのため他の学部の様に自由に学ぶ科目を選択出来たり幅のある教育内容というわけではなく、基本的には画一的な内容で行われます。その様な必修科目の中には卒業論文というものもありますが、これはあくまでも研究者になるための物ではなく専門家として必要最低限の教養としての位置づけなのです。もしも薬学部で学び、薬剤師として研究者の道を...
2014/11/06 14:51:06 |
薬学部を目指している方には知っている人も多いですが、薬学部に入学したあとにはいろいろな就職先があります。薬剤師免許を取って薬剤師になるか、製薬会社などに入社して研究員になるかです。薬剤師になって病院や調剤薬局で働くよりも、研究職になったほうが給料が高い傾向にあります。しかし、薬剤師になるよりも研究職になる方が競争率が高く、難しい面があります。また、そちらのほうが偏差値が高い大学でないと就職ができない場合があります。可能性が高くなるのが、薬学部に入学して勉強を終えたあと大学院に入ることです。また、...
2014/11/05 14:15:05 |
薬学部を卒業することには、どんなメリットがあるのでしょうか?薬学部を受けようかどうか迷ってる方は、この点が気になってることでしょう。薬学部を受けるメリットには、まず、薬剤師の国家試験を取得できることになります。もちろん国家試験を受けて合格しなければなりませんが、そのための勉強を薬学部で行うことができます。では、薬剤師になることにはどんなメリットがあるのでしょうか?これは端的にいって、いろいろな就職先が得られます。薬剤師の資格は重宝されている資格の一つであり、需要がありながら供給が少ない人材なので...